病院で治す

このページでは、対応科目から検査や治療方法、そして病院選びなどいびき外来に関する基礎知識を紹介します。

どんな病院でいびき外来に対応しているのか?

いびき外来の説明イメージいびきで悩んでいる時に相談するのは基本的に耳鼻咽喉科。ただし、その中でも専門分野は細分化されていて、睡眠時無呼吸症候群に対応しているかどうもチェックしておきたいポイントです。

また、耳鼻咽喉科以外でも呼吸器科循環器科睡眠外科歯科などで睡眠時無呼吸症候群に対応していれば相談できます。

 

いびき及び睡眠時無呼吸症候群の検査方法とは

いびきの検査で簡易検査と呼ばれるものは2種類あります。ひとつは酸素飽和度などを調べるパルスオキシメトリー検査。もうひとつは気流やいびき音によって気道の狭まりや呼吸状態を調べる検査。医療機関によって検査内容や費用も違うので、まずは問い合わせをしてみてください。

簡易睡眠検査の結果、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、一晩泊まって受ける終夜睡眠ポリソムノグラフ検査を受けることになります。睡眠時の呼吸状態をはじめ眠りの深さや睡眠の質など調べるために、脳波や心電図、動脈血中の酸素量なども測るわけです。これらの結果をもって医師が病状などを判断することになります。

いびき及び睡眠時無呼吸症候群の治療方法とは

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合の主な治療方法としては、マウスピースCPAPとがあります。前者は自分の口に合わせてオーダーメイドのマウスピースを作って、睡眠時に装着することで気道を確保しようというもの。後者は経鼻的持続陽圧呼吸療法とも呼ばれ、鼻マスクを装着して空気圧を調整することで気道を確保します。なお、CPAP治療は保険適用となり、月一回の定期健診を受ける必要があります。

症状の度合によって治療方法も違ってきますが、病院を選ぶ際は睡眠時無呼吸症候群に対応できて、定期的な通院が可能な立地のところにしてください。また、場合によっては専門医を紹介してもらうのも安心につながります。

>>無呼吸症候群の治療方法を比較しました<<

あなたは大丈夫?

無呼吸症候群

セルフチェック

Q1

いびきや呼吸の停止を指摘されたことがある

Q2

起きた時、頭が重くすっきりしない

Q3

昼間に居眠りをすることが多い

Q4

夜間に何度もトイレに行く

Q5

肥満の傾向がある

Q6

いつも体がだるいと感じる

睡眠時無呼吸症候群の
疑いがあります

主な治療法を見る

睡眠時無呼吸症候群の
リスクが高まっています

主な治療法を見る

今のところ無呼吸症候群のリスクはありません