無呼吸症候群の治療法

このページでは、ナステントやCPAP、マウスピースといった無呼吸症候群の治療法について、効果を含めたメリット・デメリットなどを紹介します。

無呼吸症候群に効果的な治療法とメリット・デメリット

無呼吸症候群の治療法としては、主に「CPAP」「マウスピース」「ナステント」の3つの方法があります。ここでは、まずそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

治療法 メリット デメリット
CPAP
  • 専門医に相談すればすぐに利用できる。
  • レンタルなので初期費用は抑えられる。
  • これまでの治療実績が豊富。
  • 重症の無呼吸症候群にも効果あり。
  • 安定的な電源の確保が必要。
  • 本体重量が約1kgあり携帯に不向き。
  • 装着時は会話もできない。
  • 定期的に手入れをする必要あり。
  • 月1回通院する必要あり。
マウスピース
  • 保険が適用される。
  • 軽量で携帯しやすい。
  • 装着時に読書やテレビ鑑賞などは可能。
  • 作成するのに時間がかかる。
  • 10万円以上かかる場合がある。
  • 歯がない場合は利用不可。
  • 装着すると下あごに痛みを感じる。
  • 歯科で受診する手間がかかる。
  • 定期的に手入れをする必要あり。
ナステント
  • 安価で手軽に購入できる。
  • 使い捨てで手入れの手間がかからない。
  • 1箱約45gと軽量で携帯しやすい。
  • 装着していても目立たない。
  • 装着したまま普通に会話ができる。
  • 保険が適用されない。
  • 効果は上気道の狭窄・閉塞に限定される。

なお、これらの治療法は一定の効果があるものの、無呼吸症候群の治療としては対処療法しかないこともきちんと理解しておいてください。根治できないからといって放置せず、日常的に治療することが必要で、そうしないとより深刻な病気を発症するリスクがあるのです。

ナステントとは?

ナステントの画像

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療で、比較的よく知られているものはCPAPでしょう。これは、鼻マスクを装着して、気道が狭くなるのを空気圧によって防ぐ機器で、舌根沈下を含めて中等症や重症の無呼吸症候群にも効果を期待できます。

一方、本体重量が約1kgでホースとマスクもあり、かなり目立ってしまうことや、定期的なメンテナンスが必要であること、携帯しにくいことなどのデメリットが挙げられます。

このようなデメリットを解消した、使い勝手のよい医療機器がナステントです。使い捨て鼻腔挿入デバイスとしては世界初となるアイテムで、自分で手軽に使えるのがメリット。約45gと軽量で、装着したまま飲み物を飲んだり、会話したりすることもできます。市販品なので、薬局などの店頭で簡単に購入できるのも嬉しいポイントです。

>>ナステントを公式サイトで詳しく<<

あなたは大丈夫?

無呼吸症候群

セルフチェック

Q1

いびきや呼吸の停止を指摘されたことがある

Q2

起きた時、頭が重くすっきりしない

Q3

昼間に居眠りをすることが多い

Q4

夜間に何度もトイレに行く

Q5

肥満の傾向がある

Q6

いつも体がだるいと感じる

睡眠時無呼吸症候群の
疑いがあります

主な治療法を見る

睡眠時無呼吸症候群の
リスクが高まっています

主な治療法を見る

今のところ無呼吸症候群のリスクはありません