こんな人は要注意!

このページでは、15項目の症状をチェックして、無呼吸症候群の兆候がないかを確認するポイントを紹介します。

睡眠中・起床時・日中の症状に見る無呼吸症候群のチェックポイント

無呼吸症候群のチェックポイントの説明イメージいびきが気になるヒトで睡眠時無呼吸症候群が心配なら、以下に挙げた15の項目に当てはまるかどうかをチェックしてみてください。

睡眠中の兆候

  1. よくいびきをかいている
  2. いびきの合間に大きく呼吸して、またいびきをかく
  3. 息苦しくなるなど呼吸が乱れる
  4. むせて目が覚めることがある
  5. 夜中に何度もトイレのために起きる
  6. 寝汗をよくかく
  7. 呼吸が止まっていることがある

起床時の兆候

  1. 口の中が渇いた状態になる
  2. 頭痛がすることがよくある
  3. 熟睡した実感がない
  4. 目覚めが悪い
  5. 身体が重い感じがする

日中の兆候

  1. 強い眠気に襲われることがある
  2. 疲労感や倦怠感がある
  3. 集中力を持続できない

症状の程度は個人差があり主観による部分が大きいため、何項目当てはまるかというよりは、こうした兆候が自覚できている場合、そのままにしておくのはリスクがあります。

症状からわかる無呼吸症候群との関係

上で触れた症状は無呼吸症候群とどんな関係があるのかを紹介します。

睡眠中の兆候

いびきは睡眠中に舌が喉の方に下がってしまい、気道を狭めることで呼吸時に振動音となって響くもの。これが悪化すると気道を塞いでしまって無呼吸状態になるわけです。いびきの音が大きい場合は気道がかなり狭くなっていることが考えられますし、息苦しくなるのも呼吸がスムーズでない証拠。これらの兆候は自分だけだと確認しにくいので、家族の協力や録音できるスマホアプリなどでチェックしましょう。

自覚できる兆候としては夜間の頻尿や寝汗があります。前者は無呼吸状態が心臓への負担となって、利尿ホルモンの分泌を促進する要因となっていることが考えられます。後者は、寝苦しさから何度も寝返りを打つため、穏やかな睡眠に比べて多くの汗をかくわけです。

起床時の兆候

いびきをかくヒトは睡眠時に鼻呼吸ではなく口呼吸をしています。そのため口や喉が乾燥しやすくなります。

また、質のよい睡眠がとれないと疲労が抜けず、無呼吸状態では全身の筋肉を無意識に硬直化させることなどから、頭痛の原因にもなります。

日中の兆候

時間的にはたっぷり寝ているつもりでも、無呼吸症候群の場合は睡眠による疲労回復が十分にできていません。そのため、疲労感が抜けず集中力も落ちるわけです。慢性的な睡眠不足が続くことで、身体は日中でも疲労回復するために強い眠気を催すこともあります。

いびきがうるさいくらい、いいだろうと放置しておくと、こうしたマイナスダメージが蓄積していって、深刻な病気になることも珍しくはありません。大事になる前にいびきの改善に取り組むことをおすすめします。

>>無呼吸症候群の治療方法を分かりやすく解説しました<<

あなたは大丈夫?

無呼吸症候群

セルフチェック

Q1

いびきや呼吸の停止を指摘されたことがある

Q2

起きた時、頭が重くすっきりしない

Q3

昼間に居眠りをすることが多い

Q4

夜間に何度もトイレに行く

Q5

肥満の傾向がある

Q6

いつも体がだるいと感じる

睡眠時無呼吸症候群の
疑いがあります

主な治療法を見る

睡眠時無呼吸症候群の
リスクが高まっています

主な治療法を見る

今のところ無呼吸症候群のリスクはありません