加齢が原因?50代女性

女性にも多い「いびき」の問題。特に加齢を重ねてくると、今まではいびきをほとんどかかなかったという女性の方でも、慢性的ないびきに悩むことがあります。 50代の女性の中には、家族から指摘されるほどいびきを日常的にかくという方もいらっしゃると思います。そこで、50代女性に多いいびき症の「あるある」を紹介したいと思います。

50代女性に多い?いびきの「あるある」

  • 目覚めてからなんとなく頭が重い
  • 朝になると体がだるい
  • いびきと無呼吸を併発することが多い
  • 生活習慣が変わりストレスが増えた
  • 仕事中や外出中でも眠くなる
  • 家族など周りの人にいびきを指摘される

いびきは圧倒的に男性に多い症状と言われていますが、高齢になるにつれ女性でも割合が多くなります。 50代からは女性ホルモンが急激に減少する更年期に入るため、代謝が落ちて体脂肪を溜め込みやすくなり、肥満症からいびきをかくケースが増えてきます。

また、更年期には舌を支える筋肉「オトガイ筋」を緊張させる作用を持つ女性ホルモンが減少するため、筋力が低下していびきをかきやすくなります。オトガイ筋がゆるむと気道が狭くなり、どうしてもいびきをかきやすくなるのです。

また、女性でも強いストレスなどにさらされると、いびきのリスクが大きくなると考えられています。 50代からのいびきに対処するためには、女性ホルモンが減少する更年期と上手に付き合っていくことが大切です。ホルモンが急激に減ると、体調不良や慢性的なストレスにさらされやすく、さらに代謝が落ちて太りやすくなるといったリスクもあります。

更年期に入ったら専門医を受診し、適切に治療を受けましょう。そのうえで、いびきをかく原因となるさまざまな要因(枕の高さや寝相、口呼吸の習慣、鼻炎など)にもそれぞれ対処していきましょう。 50代以降の女性のいびきには女性ホルモンの減少が関わっているとみられますが、もちろんそれ以外の原因も考えられますので、まずは睡眠の状態を継続的にチェックするようにします。

朝起きて体がだるい、すっきりしないということであれば、十分に睡眠が確保できていない可能性がありますので、ストレスレベルや生活習慣を見直しましょう。寝具や寝相にも気を配り、正しい姿勢で無理なく鼻呼吸ができるように工夫もしてみてください。

50代女性が体験したいびき対策グッズの評価

若い頃に比べてだいぶ体形が変わってしまったものの、間食が止められないという専業主婦。若い頃はいびきを指摘されることなんてなかったのですが、50歳を過ぎたあたりから、旦那さんや友人から「いびきがうるさい」と指摘されるように。テレビの更年期障害特集を見て、歳のせいかと思っていたところ、旦那さんいわく「太ったせいじゃないのか?」と...。ダイエットは続かないので、手軽ないびき対策があればと今回の体験レポートに参加。

商品名 スヤスヤ度 楽チン度 続けたい度
ナステント ◎ △ ○
いびきくん △ △ △
ブリーズライト △ △ ◎
えぞ式すーすー茶 △ ◎ ◎
イビキスト △ △ ○

体験期間中に効果が期待できたのは「ナステント」。「ブリーズライト」も気軽に使えると評価は高いのですが、期間中にはいびきの改善がみられなかったようです。一方、普段から寝る前にお茶を飲む習慣のある体験者さんには「えぞ式すーすー茶」が続けやすいと評判でした。

体験レポートを一挙公開!

ナステント

臨床試験でも効果が実証されている、一般医療機器。装着してしまえば目立たず、どこでもすぐ使用可能なため、旅行や外泊などにも最適。

ナステントのレポート画像

スヤスヤ度・・・◎
ナステントを使用している間は、更年期のせいで寝つきが悪くても、朝起きた時いつものように喉がカラカラに乾いているということもなく、ぐっすり眠れた気がします。主人も私のいびきに悩まされることもなく、良く眠れていたよう。

楽チン度 ・・・△
使用中も目立ちにくく、鼻のフックもマスクをすれば隠せるので、人前でも気軽に使えそうです。

続けたい度・・・○
慣れるまでの数日間は、ただただ違和感があり「これは続かなそう...」と思いましたが、3日目あたりから気にならなくなりました。友達と旅行に行ったときにいびきを指摘されてから、泊まり旅行は避けてきましたが、これがあれば迷惑をかけずに済むかも!と新たな対策法の発見を嬉しく思います。

 

いびきくん

スムーズなラウンド処理で、装着中の違和感を軽減したいびき対策用マウスピース。安価で携帯性も高い。

いびきくんのレポート画像

スヤスヤ度・・・△
口の中に何かを入れたまま寝たことがなかったので、気になってなかなか寝付けませんでした。いつの間にか眠っていたようですが、夜中気づかないうちに吐き出したのか、起きたときには「いびきくん」は枕元に...。

楽チン度 ・・・△
旅行など持ち運びには便利かと思いますが、やはり装着時の違和感が気になりますね。

続けたい度・・・△
主人から「昨晩は歯ぎしりもひどかったぞ」と言われることもあり、いびきだけでなく歯ぎしりにも効果があればいいなと思っていたのですが、歯ぎしり対策には「歯ぎしりくん」というものがあり、一挙両得というわけにはいかないようです。いびきくんも寝ている間に吐き出してしまうので、続けようにも無意識で拒否してしまっている模様。

 

ブリーズライト

鼻の鼻孔を広げて、通りを良くするいびき対策グッズ。持ち運びも気軽にできるのが特徴。

ブリーズライトのレポート画像

スヤスヤ度・・・△
ちゃんと貼れていなかったのが原因かどうかはわかりませんが、横で寝ている主人いわく、夜中にグーグーといびきをかいていたそうです。

楽チン度 ・・・△
夜は美容液・クリームをこってり塗らないと気が済まない私にとっては、肌から滑って貼りにくかったのがネック。ブリーズライトを使うためにスキンケアを軽くするのも不安だし、どっちをとるかと言われれば間違いなく、美容のためのクリームになります。

続けたい度・・・◎
貼って寝るだけと楽ちんなので、これで効果がしっかり感じられれば、使っていきたいとは思います。

 

えぞ式すーすー茶

ヒスタミンを抑制し、鼻の通りをよくする効能のあるブレンド茶。ノンカフェインで、就寝前にも安心して飲める。

えぞ式すーすー茶のレポート画像

スヤスヤ度・・・△
肝心のいびきが軽減されたかというと、効果はいまひとつ不明です。更年期のせいか寝つきの悪い私が、すっと眠れて夜中も起きなかったので、それなりに効果はあるのかも。

楽チン度 ・・・◎
普段から、寝る前にあったかいお茶やミルクを飲む習慣があるので、それを「えぞ式すーすー茶」に変えるだけと、他のどの商品よりも始めやすかったです。

続けたい度・・・◎
就寝前に飲むことでリラックスできるし、寝るときも何もつけたり塗ったりする必要がないので、続けやすいと思います。

 

イビキスト

口臭スプレーと同じ感覚で使えるいびき対策グッズ。1日4~6プッシュすることで、天然成分が口の奥をコーティングして、通りをスムーズに。

イビキストのレポート画像

スヤスヤ度・・・△
商品名が「イビキスト」なので、いびきに効く医薬品なのかと思いましたが「栄養機能食品(ビタミンE)」と説明書きがあります。深刻ないびきに悩んでいる人には、気休め程度かもしれません。

楽チン度 ・・・△
以前に使ったことのある「のどぬ~るスプレー」と、使用感が似ているように思えました。ミントっぽい苦めの味なので、この味が苦手じゃなければ、試しに使ってみてよいのでは。

続けたい度・・・○
1日4~6プッシュとはいえなかなか減らないので、コスパはかなりよいです。基本的に食品扱いなので、妊婦さんやお子さんにもおすすめできるのではないでしょうか。

 

いびき隊がゆく!本当に効果があるいびき防止グッズはコレ

あなたは大丈夫?

無呼吸症候群

セルフチェック

Q1

いびきや呼吸の停止を指摘されたことがある

Q2

起きた時、頭が重くすっきりしない

Q3

昼間に居眠りをすることが多い

Q4

夜間に何度もトイレに行く

Q5

肥満の傾向がある

Q6

いつも体がだるいと感じる

睡眠時無呼吸症候群の
疑いがあります

主な治療法を見る

睡眠時無呼吸症候群の
リスクが高まっています

主な治療法を見る

今のところ無呼吸症候群のリスクはありません