いびきと体型の関係

このページでは、どんな体型だといびきをかきやすいのか、肥満などをはじめ、体系といびきの関係や、いびきが発生する仕組みについて説明します。

気道を狭くしていびきの原因となる肥満体型

いびきの原因となる肥満体型の説明イメージ太った中年男性は大いびきをかくというイメージがありますね。これは間違いではなく、肥満体型のヒトがいびきをかきやすいのには理由があります。

太っているヒトはやせているヒトより首も太くなりますが、実は喉の中にも脂肪がついているのです。それによって気道が狭くなり、やせているヒトよりはいびきをかきやすくなるわけです。

また、同じ肥満体型でも若い世代より中高年にいびきをかくヒトが多いのは、舌を支える筋肉や喉の筋肉が衰えるから。これによって舌が喉の奥に下がりやすくなり、なおかつ脂肪で気道が狭くなっていると、より大きないびきをかきます。

このように、脂肪と筋肉の衰えによって、太った中高年男性は大いびきをかく傾向があるわけです。

小顔のヒトなどもいびきには要注意

肥満以外にもいびきをかきやすいのは下あごが小さいヒト。これは口内で下を納める空間が比較的小さいことから、喉側に舌が下がりやすくなるわけです。同様に下あごが引っ込みぎみのヒトもいびきをかきやすいといえます。いわゆる受け口はこの反対で、下あごがやや前に出ている分、睡眠中に舌が治まる空間に余裕があるため、いびきをかきにくいともいえます。歯の噛み合わせが悪いヒトも、状態によっては舌が下がりやすくなることがあるので注意してください。

この下あごが小さいというのは遺伝による影響もありますし、食生活であまりあごを使わないことで後天的に小さくなることもあります。現代生活を考えると、女性では小顔であることをいいとする傾向もありますが、いびきという観点からはデメリットもないとはいえません。顔の骨格自体を変えるのは簡単ではありませんが、あごの筋肉を鍛えたり、歯の矯正によって噛み合わせをよくすることで、いびきが改善されることもあります。

いびき隊がゆく!本当に効果があるいびき防止グッズはコレ

あなたは大丈夫?

無呼吸症候群

セルフチェック

Q1

いびきや呼吸の停止を指摘されたことがある

Q2

起きた時、頭が重くすっきりしない

Q3

昼間に居眠りをすることが多い

Q4

夜間に何度もトイレに行く

Q5

肥満の傾向がある

Q6

いつも体がだるいと感じる

睡眠時無呼吸症候群の
疑いがあります

主な治療法を見る

睡眠時無呼吸症候群の
リスクが高まっています

主な治療法を見る

今のところ無呼吸症候群のリスクはありません