いびきと年齢の関係

このページでは、中高年になるといびきをかきやすくなる、年齢との関係や原因などを紹介します。

加齢に伴っていびきをかきやすくなる、年齢との関係とは

いびきと年齢の関係の説明イメージ歳をとるといびきをかきやすくなるのは事実です。ある調査によると、20代でいびきをかくヒトは約30%で、これが50代以上によると倍近い60%前後という結果が出ています。

この原因のひとつは加齢に伴って筋力が落ちること。20代と比べて50代の筋力が衰えるのは容易に想像できると思います。いびきに関連するのは舌を支える筋肉や喉周辺の筋肉で、これらが衰えることで睡眠中に舌が喉側に落ちやすくなり、気道を狭めていびきの原因となるわけです。

また、歳をとると朝が早くなるのも一般的な傾向。これは眠りが浅いことの裏返しでもあり、昼間の運動量が減っていることや、身体や脳の変化と関係しているといわれています。十分な睡眠をとれなくなるといびきをかきやすくなりますし、自分のいびきの音でさらに睡眠不足なるという悪循環にもなりかねません。

女性の場合はもうひとつ加齢に大きく影響する原因があります。更年期になると女性ホルモンが減少することはよく知られています。女性ホルモンは気道を支える筋肉とも関係があるといわれていて、女性ホルモンが減少するといびきをかきやすくなるのです。

年齢に伴う社会生活といびきとの関係とは

加齢に伴う肉体的変化は社会生活とも関係があります。寝る前の飲酒は喉周辺の筋肉を弛緩することで、気道を狭めていびきをかきやすくします。メタボで脂肪が増えた場合、舌や喉の内部にも脂肪がつくため、これも気道を狭くします。

他にも、仕事や人間関係などによるストレスも睡眠の質を落とすことになるので、これらもいびきの原因となるでしょう。

加齢による筋肉の衰えを防ぐのは容易ではありませんが、生活習慣の見直しストレスの軽減は日々の努力次第でできること。いびきを改善するためには、これらの原因を理解して対策を考える必要があるというわけです。

いびき隊がゆく!本当に効果があるいびき防止グッズはコレ

あなたは大丈夫?

無呼吸症候群

セルフチェック

Q1

いびきや呼吸の停止を指摘されたことがある

Q2

起きた時、頭が重くすっきりしない

Q3

昼間に居眠りをすることが多い

Q4

夜間に何度もトイレに行く

Q5

肥満の傾向がある

Q6

いつも体がだるいと感じる

睡眠時無呼吸症候群の
疑いがあります

主な治療法を見る

睡眠時無呼吸症候群の
リスクが高まっています

主な治療法を見る

今のところ無呼吸症候群のリスクはありません